ケアジャパンは、通院や転院等だけでなく、全国どこへでも「行きたい!」「させてあげたい」の架け橋となります。
FAQ
よくあるご質問
Q利用するにはどのようにすればいいですか?
Aまずは、お電話又はホームページの予約・お問い合わせフォームに必要事項をご入力いただき、送信して下さい。 お電話の場合はその場で、ホームページからのご予約の場合は、メールまたはお電話にて折り返しご連絡をさせて頂きます。ご予約の際は、お客様氏名・ご連絡先・ご住所・お迎え先と送り先のご住所・ご予約の日時・乗車人数・ ご利用目的・お身体のご状態と介助補助員・看護師等の介助サービスの有無・車いす又はストレッチャー等のご利用・タクシー券や障害者割引等のご使用の有無等をご確認させていただきます。
Q予約はいつまでに行えばいいですか?
A介護タクシー・民間救急車の配車はご予約の受付順に予定を組ませていただくため、できるだけお早め(2日前以上)のご予約をお勧めいたします。基本的には予約制ですが、 配車に空きがあれば当日のご利用も可能となりますので、お問い合わせください。
Qどこへでも行くことが出来るのですか?
A出発地点または到着地点が神奈川県であれば、可能な限り全国どこへでも参ります。新幹線や航空機等を併用する場合は、チケットの手配も行いますのでご相談下さい。
Q事前に利用料金の見積もりを取ることはできますか?
A事前の概算見積りは無料で承ります。お電話またはFAX 、メールにて、「出発地・目的地」と必要な資機材、介助サービスの利用の有無をお教えいただければ、速やかに概算料金を算出させて頂きます。 ただし、当日の天候や道路状況等、搬送状況によりお見積り通りにならない場合がございますので、あらかじめご了承下さい。 
Q急に用事ができてしまった場合など、キャンセル料はかかりますか?
A 前日のキャンセルまではキャンセル料はかかりません。当日のキャンセルにつきましては、特別な事情以外は、概算料金の80%のキャンセル料がかかります。
Q日曜日や深夜に利用することはできますか?
A配車状況に空きがあれば、事前のご予約により承ることが出来ます。乗務員の調整をさせて頂くためご予約は出来るだけ早めにお願い致します。 深夜のご利用につきましては、運賃が2割増しになりますのでご了承ください。
Q当日、目的地の変更は可能ですか?
Aできる限りの対応はさせて頂きますが、スケジュールの都合上、ご希望に沿うことが出来ない場合がございます。時間貸切でのご利用の場合は、時間内であれば行先を変更し、ご指定いただくこと が出来ます。
Q通院の行き帰り両方利用したいのですが、病院が終わる時間がわかりません。
A時間貸切または待機料金にて、病院が終わるまで病院内もしくは周辺にて待機し、終わり次第すぐにご乗車いただくことが出来ます。詳しくはお問合せ下さい。
Q何人まで乗れますか?また、旅行などにも利用できますか?
Aストレッチャーは1名、車いすは2名まで乗ることができ、いずれもお連れ様等は4~7名まで同乗することが出来ます。ご利用用途は、家族旅行・観光・買い物・冠婚葬祭等、あらゆることに ご利用いただけますので、なんなりとご相談下さい。
Q自分の車いすで乗ることはできますか?
Aお客様が普段ご使用になられている車いすでもご乗車できます。車いすをお持ちでない方でも無料で車いすをレンタル出来ます。別途、有料となりますが、リクライニング車椅子やストレッチャーのご 用意もございますので必要の際はお申し付け下さい。
Q買い物に行きたいのですが、日中独居のため家族の付き添いが出来ません。
Aお一人でもご利用いただけます。初任者研修取得者が付添い致しますので、安心してご利用下さい。その他、院内の付き添いや行政手続き等、ご希望があればあらゆることに対応させていただきます。
Q食事やトイレに時間がかかります。また、移送中のトイレも心配です。
A介護タクシー、民間救急サービスは貸切りでのご利用なので、お客様のペースに合わせて急ぐことなくお出かけすることが出来ます。リハビリパンツやおむつ交換が必要なお客様でも初任者研修取得者 がお手伝いいたしますので事前にご相談下さい。
Q泊りがけで利用した場合、ドライバーさんの宿泊はどうなりますか?
A通常はお客様の宿泊先近くのビジネスホテルなどに宿泊・待機します。その際のドライバーの宿泊料 は別途、お客様ご負担となりますので、ご了承下さい。
Q民間救急車と介護タクシーの違いは何ですか?
A介護タクシーは、初任者研修またはヘルパー2級以上を取得している介護士の乗務員が乗降の介助を行うタクシーで、タクシー料金に加えて状況により介護・介助料金が加算されます。また、自宅ベッド までのお迎や、身体や排泄の介助・行き先での付添いも行います。民間救急車は、所轄の消防局より、認定(車両資機材審査及び患者等搬送乗務員の講習義務)を受けた事業者が、搬送用自動車を用いて緊急を要しない患者様等を搬送する事業のことで、 患者等搬送乗務員適任証を所持する乗務員が病院からの転院や退院等のお手伝いを行います。車内には医療資機材を搭載し医療処置継続の搬送が可能となります。
Q民間救急車はどのような時に使うの?
A消防の救急車は緊急性が高い傷病者を側近の医療機関へ搬送するのが原則となります。民間救急車は、患者様又はご家族の希望する病院等へ搬送することが可能で、県外や遠隔地、途中、新幹線や飛行機 を利用することもできます。民間救急車は医療行為・救急走行を行う事は出来ませんが、病院以外の場所へ搬送することが可能です。

-ご利用例-
  • 救急車を呼ぶほどでもないが、病院に患者を連れて行きたいとき
  • 入院・退院・通院・転院や病院から一時帰宅をするとき
  • 旅行先等でのけがや病気で自宅又は自宅近くの病院へ移動したい時
  • 温泉治療や小旅行等に出かけるとき
  • 歩行困難な方・寝たきりの方を希望の場所へ搬送したいとき
  • 空港・駅から病院や自宅へ寝たまま移動するとき 等
メールでお問い合わせ
お電話でお問い合わせ